オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

緊急事態宣言が解除されたので、久しぶりに美術館、東京都現代美術館へ。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

2月ごろから気になっていたこの展示。(英語版公式サイト: Sometimes the river is the bridge – Studio Olafur Eliasson )
2006年ごろにオラファー・エリアソンの展示を原美術館で鑑賞しましたが、それ以来の来日の展示会かと思います。同じころにルイ・ヴィトンのショーウィンドウ・ディスプレイで「EYE SEE YOU」の名で作品を公開してたことも。オラファー・エリアソンは光をモチーフにした作品を制作しており、いつも神秘的な美しさの作品ばかり。今回も期待に胸を膨らまして、会場へ。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

緊急事態宣言の影響で、2020年 3月14日(土) 6月9日(火) ー 6月14日 9月27日(日)に変更になった模様。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | あたなの移ろう氷河の形態学 | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | Your passing glacial morphology | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

会場に入ってすぐのところには、今までの展示では見られなかった水彩画も。グリーランドの氷河を紙の上で溶かし、顔料と混ざり合ってできた作品とのこと。人間の意志とは無関係に起こる自然現象が共同制作の相手として捉えた作品として。顔料にはなにか工夫がされているかもしれませんが、氷河が溶けた・溶かしたのみですが、こんなに綺麗な色彩で透き通った表現になるのですね。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展  | 太陽の中心への探査 | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | The exploration of the centre of the sun | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

その後すぐに光をモチーフにした作品が。「太陽の中心への探査」という名の作品。多面体のガラスの内側から光を放ち、その反射を展示室内に反射させているのですが、綺麗だった。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展  | 太陽の中心への探査 | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | The exploration of the centre of the sun | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

色彩も鮮やかで360°全体に光が溢れてた。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | あなたに今起きていること、起きたこと、これから起きること |東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | Your happening, has happed, will happen | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

「あなたに今起きていること、起きたこと、これから起きること」。背面に置かれた様々な色のライトによって、その前を通るとその人影が投影される作品。

これ楽しかった。自分の影以外にも他の鑑賞者の方たちの影響もあり、偶然性によるいろんな色での重なりや形状が。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | あなたに今起きていること、起きたこと、これから起きること |東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | Your happening, has happed, will happen | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

ライト・影との距離によってその大きさも変化。みんないろんなポーズを取りながら、楽しんでいました。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | 人間を超えたレゾネーター | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | Beyond-human resonator | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

「人間を超えたレゾネーター」。大きな円形のガラスに光を照らしたのみの作品。オラファー・エリアソンの特徴的な手法・作品ですね。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | 人間を超えたレゾネーター | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | Beyond-human resonator | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

同心円状の複数の円が浮かび上がっていますが、すべて光の反射のみのもの。色彩やその同心円の組み合わせによるものかもしれませんが、すごく不思議な体験をさせる作品でした。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | 人間を超えたレゾネーター | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | Beyond-human resonator | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

光の反射のみでここまで綺麗な円形を描けるのか、やはり不思議に思えましたが、よく見てみても他になにか仕掛けがあるようには見えず…。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | おそれてる? |東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | Who is afraid? | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

「おそれてる?」。天井から吊るされた円形のガラス板に光を照らし、透過や反射の光によりさまざまな色彩が発生する作品。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

補色の概念を感じられたり、色の重なりによって、ほんといろんな色が発生していてずっと見ていられる作品。以前ICCで見たライゾマティクスリサーチの展示でも、似たような表現・作品がありました。

今回の展示会名にもなっている「ときに川は橋となる」。これも綺麗だった。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | ときに川は橋となる | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | Sometimes the river is the bridge |  MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

薄暗い会場の真ん中に円形の水面があり、そこに天井付近から複数のライトが照らされていて、その反射した光が再度天井に投影されている作品。水面が穏やかなときは綺麗な円形が投影されますが、不規則に水面に波が起こるようになっており、その波・揺れによって、反射している光がさまざなに変化するもの。

綺麗な円形で反射されいるだけでも綺麗ですが、水面の波による変化がまったく予測不可能な形状に変化していき、水面の反射のみとは思えない表情を作り上げていました。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | ビューティー | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | Beauty | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

最後はこの展示のポスターにもなっている「ビューティー」。薄暗い会場の天井から霧状の水を散布。そこに光を照らし、光の屈折による虹・色彩を感じるもの。鑑賞した際には、偶然にも子供連れの方たちがいらっしゃったのですが、ポスターのように子供たちはややはしゃぎ気味。

オラファー・エリアソン 「ときに川は橋となる」展 | 東京都現代美術館 / Olafur Eliasson | MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO 2020

光の屈折なので見る角度によって、見られるその色味や形状も変化し、とても静かな空間なので、作品に引き込まれます。

以前原美術館でその作品を見た際に強烈に印象に残り、強く記憶に残っていたオラファー・エリアソン。今回の展示も会場で見ることができ、また内容もやはり素晴らしかった!非常事態宣言の時期に被っていましたが、会期延長されてよかった!会場でみれてよかった!
光をモチーフにしている芸術家ではジェームズ・タレルもいますが、直島に作品は展示されていますが、都内近郊での展示会がなかなかないので、今後展示会が開催されるのも期待したいです。

Takuya Saeki

アートディレクター・UI/UXデザイナー / 神奈川県出身、東京都渋谷区在中
2002年よりデザイナーとして活動。デザイン制作会社、IT系企業でのインハウスデザイナーを経て、2012年よりフリーランス。 カタログやパンフレットなどの紙ベースのデザイン出身ですが、ウェブサイト構築やディレクションも。デザインが好き。ウェブサイト構築が好き。新しいことが好き。カメラより写真が好き。ブラジルが好き。渋谷周辺によくいます。

LINEスタンプ「ヒゲ・メガネ専用スタンプ」を制作し、販売中。

  • follow us in feedly
22