キューバ旅行 / 2016

ちょっと早い夏休みで、7月上旬にキューバに行ってきました!
アメリカとの国交回復で話題が多く、注目されているキューバ。ぼくも国交回復により、各国の企業がキューバに進出し国の雰囲気が変わる前に、クラシックカーが走り、キューバ危機以来時間が止まっているといわれているその街並みを体験したく、足を運びました。

キューバ旅行 / 2016

直行便はなく、また国交のないアメリカ経由での便はないため、アエロメヒコにてメキシコシティー経由でキューバへ。(他にはカナダのトロント経由もあるようでした)

キューバ旅行 / 2016

キューバでは首都ハバナと、リゾート地のバラデロに滞在。

キューバ旅行 / 2016

キューバ旅行 / 2016

キューバ旅行 / 2016

ハバナは各種メディアで報じられている、キューバを体感することができました。クラシックカーが走り、古い街並みが多く残る旧市街は魅力的でした。マクドナルドやスターバックス・LOUIS VUITTONなど、各都市には必ずあるであろうお店はもちろんなく、その都市の魅力がそのまま残っているような、他ではちょっと味わえない雰囲気だったかも。

キューバ旅行 / 2016

キューバ旅行 / 2016

バラデロでは、ビーチリゾートを。リゾート地のため目立った観光地がなく、終始滞在先のリゾートホテルにて過ごしました。
キューバは立地的に赤道に近いため、ちょっと日差しが強く、かなり日焼けをしましたが、カリブ海の澄んだビーチを眺めながら、ビーチパラソルの下にベットを設け、ただただ「ほぉ〜」、っと。暑くなったら海に入り、喉が乾いたらミニバーでビールやモヒートなどのお酒を飲みながら、贅沢な時間の過ごし方を堪能。

キューバ旅行 / 2016

キューバ旅行 / 2016

今までブラジルは何度か行ったことがありますが、中南米・南米の他の国を訪れるのは、今回が初めて。事前に英語は通じないことは知っていたので、現地の言語であるスペイン語に不安はありましたが、なんとかポルトガル語で乗り切り、細かく通じない単語は、現地で覚えなんとかリカバリーを。また海外なので当然不安には思っていましたが、治安の不安は感じられず、終始楽しく過ごすことができました。海外なのでもちろん常に、周囲への注意は払っていましたが。
今回キューバへは3人で行ったのですが、3人とも「最高だった!」の感想に。ハバナの旧市街の街並みや親しみやすい現地の人たち、またバラデロの透明度の高い海も素晴らしく、とにかくどこも魅力的なところばかりで、ぜひまたキューバへ行きたいと強く思いました。今後5〜10年後には大きく変化しているかもしれませんが、その前にもうもう一度キューバに行きたいっす!

旧三笠ホテル / 軽井沢 2016

セゾン現代美術館へ行った際に、旧三笠ホテルにも立ち寄ってきました。

旧三笠ホテル / 軽井沢 2016

以前より明治時代ごろの建築物に興味があり、旧前田侯爵邸富士屋ホテルなどへにも。今回軽井沢へ訪れる際に旧三笠ホテルの存在を知り、足を運んできました。

旧三笠ホテル / 軽井沢 2016

館内は現代建築物とは異なる、明治時代ごろの建築物に多く見られる、とても豪華で広々とした作り。文化人や財界人に愛され、多く使われたホテルの雰囲気を感じられます。

旧三笠ホテル / 軽井沢 2016

各所で見られた特注と思われる、このカーテンレール。重厚感に溢れていました。

旧三笠ホテル / 軽井沢 2016

旧三笠ホテル / 軽井沢 2016

廊下途中にあった洗面台。入り口の高さや蛇口の形状など、様々な箇所に感じられるものが。

旧三笠ホテル / 軽井沢 2016

2階の廊下も、とても立派な作り。

旧三笠ホテル / 軽井沢 2016

旧三笠ホテル / 軽井沢 2016

思ったよりも小振りでしたが、明治時代のホテル客室などを目の当たりに。防寒のために暖炉が設置されている部屋が多く、暖炉のある客室などは現代ではあまり経験できないので、ちょっと興味をそそられたり。
明治ごろの建築物は、現代のものとその発想が異なるように感じられ、どこに行っても刺激を受けます。また他もいろいろ訪れてみたいです。

セゾン現代美術館 2016

6月中旬に、セゾン現代美術館に行ってきました。

セゾン現代美術館 2016

デザインの専門学生時代に一度訪れたことがあり、今回は2度目。コレクションとして保有している作品がふと気になり、15年ぶりに足を運びました。

セゾン現代美術館 2016

以前訪れてからだいぶ時間が経っているので、とにかくいろいろ新鮮でした。目当ての作品も観ることができ、1人いろんな想いに浸っていましたが、音声案内や作品について解説されるものを用意しなかったので、鑑賞中にぞれぞれについてもっと知りたい欲求に。次回はぜひ何かしらの解説を元に鑑賞したいです。特に現代美術は…。

セゾン現代美術館 2016

鑑賞後は、庭園を鑑賞。天候にも恵まれ、新緑がとにかく気持ちよかった!

セゾン現代美術館 2016

セゾン現代美術館 2016

セゾン現代美術館 2016

園内のそこかしこにも、さまざまな作品が。

セゾン現代美術館 2016

セゾン現代美術館 2016

久しぶりのセゾン現代美術館。軽井沢の郊外にあり、ちょっとひっそりした雰囲気もよかった。とにかく新緑が気持ちよかった!ちょっと恥ずかしいですが、両親とともの軽井沢旅行の一環にて。セゾン美術館、また訪れたいです!

「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」展 2016 東京

2016年6月19日まで開催されていた、Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton 展に行ってきました。

「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」展 2016 東京

赤坂の紀尾井町付近で開催されていた、この展示会。以前この付近の会社に勤務していたこともあり、その立地に個人的にちょっと親近感が湧いていました。平日の日中に訪れましたが、なかなかの賑わいでした。

「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」展 2016 東京

展示の内容は、ルイ・ヴィトンブランドの成り立ちやその歴史についてのプロモーション要素の強い内容かな?っと事前に予想していましたが、その内容はもちろんありましたが、予想以上に歴史が深く、また展示の説明を踏まえて観てみると、その奥深さを感じました。ぼくには普段関連のないブランドなのですが、一連の歴史・経緯・またその用途を知ると全世界的に支持されている要因の一部も知れたような印象でした。

「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」展 2016 東京

「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」展 2016 東京

村上隆さんとのコラボで一時期話題になった、モノグラム・マルチカラーの展示も。この商品を見るたびに、当時話題になった Superflat Monogram – Louis Vuitton –の動画を思い出します。

「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」展 2016 東京

一部では、商品の絵柄の原画の展示も。商業的に美しく制作されたものも十分に魅力的ですが、このように個別に、瞬間的な表現を用いているアナログ要素の強いものも、ブランドが前提に持つイメージとの乖離とその融合を感じられ、個人的にはとても魅力的に感じます。

「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」展 2016 東京

世界的に認知度の高いルイ・ヴィトンようなブランドがここまで大々的な展示を開催したのは、あまり以前になかったかも、と思った内容でした。普段身の回りには用いないブランドですが、ちょっと親近感を感じました。展示会場は、開催されるまで駐車場などの更地だったらしく、今回の展示のために会場を設営されたと係員さんに伺い、この展示への意気込みを強く感じました。近くて遠いルイ・ヴィトンですが、その印象がちょっと変わったかも。

西湖キャンプ

2016/05/31

西湖キャンプ2016

ちょっと前ですが、ゴールデンウィークに西湖へキャンプに行ってきました。

西湖キャンプ2016

西湖キャンプ2016

GWですが、朝夕はちょっと肌寒いほどの気温。その気温のためかまだ桜も咲いており、ぼくらの宿泊した区画には、大きな桜の木が。桜の花びらが舞う中でのキャンプでした。

西湖キャンプ2016

西湖キャンプ2016

キャンプ場の近所に、茅葺きの集落を再現した施設の西湖いやしの里根場も。周辺の雰囲気と茅葺き屋根も手伝って、ゆったりほのぼの雰囲気。

西湖キャンプ2016

GWなので鯉のぼりが泳いでいましたが、桜の開花も。鯉のぼりと桜を同時に楽しめるのは、あまりないかも。

西湖キャンプ2016

滞在中、一晩だけ少し雨に降られましたが、他は晴天に恵まれ、陽射しも新緑も気持ち良く楽しめました。

西湖キャンプ2016

滞在した西湖キャンプ場テント村は、とても広々としたキャンプ場で、GWなので比較的混んでるタイミングでの利用だったかと思いますが、混雑さをあまり感じないほどの規模。経営されているご夫婦も優しく素敵な方で、とても気持ちよく過ごせました。

西湖キャンプ2016

キャンプ場から歩いてすぐで西湖湖畔へ。富士山も目の前に望める立地で、やっぱテンションが上がりました。

西湖キャンプ2016

富士山の麓に滞在したので、富士の樹海ツアーへ。富士の樹海は、いろんな話や噂を耳にしますが、全く真意がわからないので、プロのガイドさんに同行し、樹海を散策。

西湖キャンプ2016

富士の樹海は富士山の噴火により流れ込んだ、溶岩の上にできた森とのこと。ただ溶岩の上に森ができるのは、世界的に見ても珍しいらしく、岩のような溶岩の上に、土などの保水性ない環境に木々が生い茂ることはないとのこと。だけど、樹海がここまでの規模のなったのは、溶岩の上に生えた苔により保水性が保たれ、根をはることができる環境が整った、っとツアーガイドさん。苔も周辺の環境により、駿河湾からの風に乗り湿った空気により、霧が多く発生・育成し、立地などの要因がとても強く影響しているそうです。

よく「富士の樹海では、コンパスが効かなくなって、出てこれない」の都市伝説がありますが、その説明も。確かに足元の溶岩にかなり近いあたりでは磁気が乱れるため、実際に実演いただきコンパスは乱れていましたが、子供が立って手に持った高さほどでは全然影響がないとのこと。これを聞けただけでも、ツアーに参加してよかった!

西湖キャンプ2016

西湖キャンプ2016

西湖キャンプ2016

腐生植物の一種の銀竜草と言われる植物。光合成をしないため葉緑体がなく全体的に白いですが、小柄ながらも緑あふれる樹海の中での白一色の佇まいは、腐生植物っというちょっと親しみ辛い種類の一種ですが、とても綺麗に感じました。

西湖キャンプ2016

久しぶりのキャンプと、最大10連休が確保できた今年のGW。最近泊りがけで遊びに行くことが全然できていなかったので、とてもリフレッシュできました!去年のGWもキャンプに行ってましたが、やっぱ文化的な施設を最小限に抑えた時間は、すごく刺激的でまた友人と過ごす時間も濃密に感じられます。また折を見てキャンプ行きたいっす!あと今年は、海外旅行も!

Bluetoothスピーカー / CHARGE2+ / JBL

BluetoothスピーカーのCHARGE2+を購入!
以前よりステレオが壊れ、またiPhoneやiPadなどデータで音楽を聴く機会が増えていたのですが、友人が利用していたBluetoothスピーカーに刺激を受け、ぼくもBluetoothでのスピーカーを購入!やはりステレオスピーカーから流れる音は、全然違いますね!室内での利用想定でしたが、野外での利用もできるような防水機能もあるようで、利用の幅が広がると思い、これにしました。
実物が届くまでどんな感じで聞こえるか、ちょっと不安はありましたが、これいいっすね!CDで音楽を聴く機会はどんどんが減っていますが、音楽を聴くことは、聴くための手段が増えたためか以前よりちょっと増えているかも。

22