cuba

(2016年7月に旅行したキューバの様子を。キューバ旅行の記事は、 cuba でまとめて読めます。)

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

旧市街に滞在した後に、キューバ国内でも有数のビーチリゾート地、バラデロへ。

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

ハバナ郊外よりバスでの移動の方法もあるようですが、3人での移動と宿泊した民宿(カサパルティクラール)のお母さんに「タクシーがお得で便利よ」と教えてもらい、費用面とタクシーというプライベートな空間を考慮し、タクシーで移動を選択。そのタクシーも味のあるクラシックカーにて。昔の作りなので、車内は広くゆったりと空間で移動できました。移動時間は3時間ほど。

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

その後無事ホテルに到着し、翌日さっそくビーチへ。

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

ネットで事前に情報はもちろんいろいろ調べていましたが、綺麗だった。やっぱ綺麗だった!予想よりも全然綺麗でした!海に入るときは、ほんとにテンションあがりました!

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

ビーチは遠浅で、波も穏やか。ずっと砂地で海も透き通ってて、とにかくカリブ海を満喫できました。こんなに気持ちのよかった海は初めてだったかも。

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海とと

ほんと子供からお年寄りまで、ゆったり・まったり楽しめるビーチ。7月上旬に滞在していたので、ハイシーズンではないため観光客もそんなに多くなく、時期的に恵まれていたかも、ですが。

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

ただキューバの立地的に、赤道が近い関係か日差しはとても強かったです。砂浜で休んでいる際には常に日陰にいましたが、照り返しのせいかすごく日焼けしました。7月上旬だったのでまだ弱めだったかもしれませんが、もし真夏に行く際には日焼け止めがないと、かなり皮膚への負担が大きいかも、です。

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

バラデロではホテルが主流のようで、いろいろ調べましたが、オールインクルーシブに魅力を感じ、対応しているホテルに宿泊。

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

宿泊費にアルコール込みすべて料金が含まれているため、都度会計が必要なく、何か飲みたくなったらビールやキューバリブレなどのカクテルが楽しめ、細かなお金のことを考える必要もなく、とにかくまったり・ゆったり過ごせました。

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

その後ハバナ旧市街に戻り、帰路へ。

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

キューバ・バラデロでビーチリゾートとカリブ海と

ぼくらがキューバ旅行をしたのは、2016年7月ごろ。当時はオバマ大統領がキューバとの国交正常化に向けた動きととっていたため、キューバ旅行への動機になりましたが、ブログの更新を怠っておりしばらく時間が経った後に、ちょっと状況が変わってきたかも。だけど、キューバへの旅行はおすすめです。
古い町並みやクラシックカーなどが話題になることが多いですが、国の成り立ちのせいかみなさん穏やかで陽気で親しみやすく、治安にも大きな不安をいただく必要のないところは、ちょっと珍しいかも、です。カリブ海にあるのでちょっと遠い印象があるかもですが、ぜひ思い切ってみてほしいです!
(2016年7月に旅行したキューバの様子を。キューバ旅行の記事は、 cuba でまとめて読めます。)

(2016年7月に旅行したキューバの様子を。キューバ旅行の記事は、 cuba でまとめて読めます。)

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

夕暮れ時にハバナの旧市街を、気の向くままにちょっとお散歩。

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

夕方になると暑さも落ち着くためか、住民も観光客もゆったり・のんびり雰囲気。

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

ボデギータ デル メディオ(La Bodeguita del Medio)は、夕方でも多くの観光客が。

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

教会(La Catedral de la Virgen María de la Concepción Inmaculada de La Habana)周辺の広場では、子供たちが楽しそうにはしゃぎ・遊んでいました。

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

ぼくらの普段の生活では目にしない、クラシックカーのある風景は、やっぱぐっときます。

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

ライトアップされた劇場(Great Theatre of Havana)は、美しくまた存在感も。

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

カフェバーでは、ラテン音楽のライブ演奏が。

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

夕暮れのハバナ旧市街を散歩 / キューバ

日が暮れた夕方・夜は、やはり違う表情を感じられますね。以前の記事にも書きましたが、ぼくらが行ったタイミングでは、治安はとてもよく、夜間に外出しても不安を感じないほど。小さいな子供が夜遅い時間まで、路上で遊んでいるほどでした。(キューバ旅行の記事は、 cuba でまとめて読めます。)

(2016年7月に旅行したキューバの様子を。キューバ旅行の記事は、 cuba でまとめて読めます。)

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

首都ハバナでは、国が運営している観光客用のツアーバスがあり、一般的に有名なハバナの旧市街のみでなく、新市街などを含めたハバナを広く確保したルートの有するバスツアーがあり、ぼくらもそのツアーを体験することに。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

ツアーのバスはセントラル公園付近に停車し、料金は10CUCほど(クック)(約1,000円)。チケットはバスで直接購入でき、購入し次第、乗車可能。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

定時になり、出発し次第旧市街の海岸線をを走った後に、新市街へ。途中、野球と陸上競技一体型のスタジアムの横を通るも、フェンスがないのにちょっと不思議な感覚を覚えたり。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

新市街は、旧市街の街並みとは異なり近代的までとは言えないが、欧米などで比較的よく見かける住居群を多く見かけました。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

途中、革命広場へも立ち寄り。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

ホンダ・シティを思わせる、懐かしい形の車も。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

新市街は旧市街に比べ、住宅街なこともあり比較的のんびりした雰囲気。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

いくつかの大型リゾートホテルにもたちより、降車・乗車する方たちも。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

信号を見かけるもぼくらがツアーバスに乗ったタイミングでは、多くの車が止まることもなく、交通量はまばらでした。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

珍しく車メーカーのディーラーと思われるところも。ハバナ全体的に、こういうったロゴマークを店頭に掲げているお店は、全然なかった印象。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

ツアーバスで偶然乗り合わせたこの女の子は、走行中のバスの中で革命広場を再度通りかかった際に、円満の笑顔で自撮り。その隣で両親は記念撮影を。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

その後、再び旧市街へ。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

モヒートで有名で、ハバナの観光地の1つでもあるラ ボデギータ デル メディオ(La Bodeguita del Medio)へ。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

世界的も有名なハバナを代表する観光スポットでもあり、各国から訪れている多くの観光客で賑わっていました。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

カウンター席しかない小ぶりの1階店内には、多くの人が。人をかいくぐりながら、店内奥へ。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

頻繁に注文されているモヒート。グラスに砂糖をミントを入れ、棒で潰したあとにラムのハバナクラブを。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

小ぶりの店内では、生演奏も。おじちゃん・おばちゃん、パワフルだった。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

店内・店外の壁のいたるところに、観光客のものと思われる多くのサインも。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

ここのモヒートを楽しむために、頻繁に通っていたヘミングウェイの写真たちも。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

モヒートを楽しんだ後に、宿に帰る途中、あまりに暑さに自転車タクシーに乗車。大人3人を乗せながら加え葉巻を吹かしながら、お父さんが一生懸命に漕いで走ってくれました。

ハバナのツアーバスとモヒートと / キューバ

日暮れどきには夕方と思われるスコールも。滞在中に雨に降られたのは、このタイミングのみでした。雨雲でちょっと薄暗くなった雰囲気も、またよし。(キューバ旅行の記事は、 cuba でまとめて読めます。)

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

ハバナに滞在中に、キューバの代名詞で有名な観光スポットでもある革命広場へ。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

市街地の中心地にあるセントラル公園付近では、観光客向けのクラシックカーのタクシーがずらり。そのよく手入れされたクラシックカーのタクシーたちは、やはりまぶしく魅力的に見えます。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

車の形や色・また目的地までの値段交渉などを行い、タクシーに乗車。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

出発の際には軽快なクラクションを鳴らし、周囲へ存在をアピール。よく晴れた青空の元、オープンカーは気持ちよかったっす!

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

運転手さんもテンガロンハットを被り、クラシックカーでの観光を演出。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

乗車したのはフォードのもの。車種など詳しい内容はわかりませんが、ダッシュボードや車の形状から、結構する古いものとわかりますが、よく手入れをされてあり、清潔感も保たれています。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

そして革命広場へ。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

革命広場には、いろんな国からの観光客が多く、また乗りつけたクラシックカーのタクシーたちも多く停車。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

革命広場はキューバの官公庁が多く集まる場所で、日本の霞ヶ関のようなところ。キューバ革命の主要人物であったカミーロ・シェンフエゴスの肖像があるのは、情報通信省。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

付近では、南米からの観光客の団体が、自撮り棒で集団セルフィーも。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

チェ・ゲバラの肖像も。内務省の建物なのですが、やはりここで撮影する観光客が多く、世界的にキューバの象徴的な人物なのが改めて分かります。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

革命広場はその名のとおり広場になっており、その広さもとても広大。メーデーなどで演説が行われる際には、数十万人もの人が埋め尽くせるほどの広さ。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

広場の一角には、広場の象徴でもあるホセ・マルティ・メモリアル記念碑。近づいてみると、その大きさと迫力を感じます。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

その後タクシーで新市街へ。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

新市街を散策中に、「サルサフェスティバルあるけど行く?」とお誘いが…。だけど、そのようなフェスティバルの開催はなく…。よーく感が考えてみたら7月のキューバは日本より暑いので、野外でそのような催しものはありえないですよね。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

宿であるカサへ戻る途中に、流しのタクシーに乗車。車内のディティールなどが観光用のクラシックカーとのコントラストが強く、印象的でした。

ハバナ観光 / 革命広場 / キューバ / 2016

(キューバ旅行の記事は、 cuba でまとめて読めます。)

22