Trip

稲佐の浜_出雲旅行2020 / Inasa no hama beach in Izumo Japan 2020

出雲大社を伺った後に、稲佐の浜へ。

稲佐の浜_出雲旅行2020 / Inasa no hama beach in Izumo Japan 2020

稲佐の浜は旧暦の10月「神在月」に、全国の八百万(やおよろず)の神様が海路で出雲大社に訪れるため、その入口となっている海岸。

稲佐の浜_出雲旅行2020 / Inasa no hama beach in Izumo Japan 2020

浜辺にたたずむ大きな岩は、弁天岩。上部にはこぶりな社も。

稲佐の浜_出雲旅行2020 / Inasa no hama beach in Izumo Japan 2020

稲佐の浜_出雲旅行2020 / Inasa no hama beach in Izumo Japan 2020

夕陽をきれいに眺められるスポットでもあるため、夕暮れ時にはスマホやカメラを構えた多く人で賑わっていました。

稲佐の浜_出雲旅行2020 / Inasa no hama beach in Izumo Japan 2020

全国の神様が出雲大社に向かう際に海路で訪れるため、出雲で最初に降り立つ場と言われているこの浜辺。出雲大社から歩いても、15分ほどの距離。前回の記事でも触れましたが、出雲大社の御神座はこの浜辺の方角の西を向いているとのことです。それだけ重要な場所なのがよくわかりますね。
夕焼け時は海も穏やかだったため、ゆったりとした時間が流れていました。

出雲大社

2020/10/14

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

9月の連休に、ちょっと遅めの夏休みで出雲大社に行ってきました。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

コロナ渦ではありますが、夏休みはやはり旅行に行きたくなり、海外旅行は状況的に無理なので国内旅行にて。以前伊勢神宮へ行ったことがあったのですが、それから出雲大社に興味を持っており、今回のタイミングで伺うことに。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

周辺にはお土産屋さんや食事処などが立ち並ぶ通りがあり、にぎやかな雰囲気。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

その一角にある老舗旅館の竹野屋さん。竹内まりやさんのご実家とのこと。全然知らなかったので、ちょっとびっくり!

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

境内へ。入ってすぐの参道は下り坂。下り坂の参道は珍しいとのこと。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

少しすると土俵が。出雲大社は相撲のはじまり地でもあるため。奥には野見宿禰(のみのすくね)神社という神社も。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

今回の参拝では地元ガイドさんの付くツアーを元に参拝。こういった由緒ある場所や博物館・美術館では音声でのガイドなどを借りながら鑑賞するように心がけています。ネットや雑誌などの掲載の情報ももちろん見ますが、公には公開されていない、現地でしか聞けない・知れない情報を多く知ることができ、現地での体験がより充実したものになるので。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

参道が終わり、いよいと御本殿周辺へ。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

拝殿にはお参りのための列が。この列にはガイドさんも驚いており、コロナの影響で人手は出雲大社でも落ち着いていたとのことですが、ぼくらの伺ったタイミングでは、久しぶりに列ができていたとのこと。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

宝物殿の入り口付近には、大きな朱色の円柱のものが。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

ガイドさんの話によると、2000年(平成12年)に改修工事を行った際に、地中より直径約1.5mの柱が3本を1つにまとめたような後が見つかり、それを再現しているものとのこと。出雲大社は平安時代などの昔から「雲太(うんた)、和二(わに)、京三(きょうさん)」として、当時の出雲大社は高層建築と親しまれていたが、それを裏付けるものとのこと。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

出雲大社の近隣にある古代歴史博物館には、その高層建築当時の出雲大社を再現した模型も。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

本殿に繋がる階段の長さは、一町(約109m)ほどあったと記す資料の展示も。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

古代に、もしこんな高層建築があっとしたら、ちょっとテンション上がりますよね!?

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

境内から見える、立派で存在感のある国旗は、古代神殿として実在していたと考えられる高さ48mにしている、とのこと。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

御本殿前の地面には、地中より見つかった古代の柱のあった場所を示している箇所も。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

御本殿の周りをぐるっと1周できる経路があり、御本殿とはある程度の距離があるのですが、現在でも御本殿はとても巨大ですね。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

御本殿の内部の御神座(神様の鎮座する場所)は、通常表面を向いているそうなのですが、出雲大社では西に向いているとのこと。これは毎年行われる「神迎(かみむかえ)神事」で、全国の神様が到着する稲佐の浜が西側にあるため、その方角に向いていると言われているそうです。

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

出雲大社の象徴でもある、大きなしめ縄。ほんと圧倒的な大きさだった。1年以上かけて作ってるとのこと。拝殿の前にもありましたが、一般的によく目にするのは、この神楽殿のものとのこと。ほんと大きい!

出雲大社 2020 / Izumo Ooyashiro 2020

伊勢神宮の参拝から興味を持ち、今回訪れた出雲大社。行ってみると古代には高層建築だった可能性がかなり高かったことがわかり、すごく刺激的で興味深かったです。平安時代ごろに48mの木造の社(やしろ)って、すごいですよね!?現代でも木造で48mの高さって全然すごいと思います。少し前から出雲大社の高層建築の模型などの写真は何度か目にしていたんですが、「出雲大社がなぜ高層建築なの?」と思うぐらいで、それ以上に興味を持っていませんでしたが、それを裏付けるものが発見されたからだったのですね!事前の情報収集やガイドツアーを元に現地を鑑賞すると、やはり深く現地を楽しめますね。

 


この記事の内容は、お役に立ちましたか!? このブログでは応援を受付けています。詳しくはこちら

お正月と沖縄と

正月に沖縄に行ってきました。主に那覇周辺に滞在。今回はじめてゆいレールを利用。SUICAなどが利用できないので、きっぷを購入したのですが、きっぷもタッチ式だったのが新鮮でした。

お正月と沖縄と

護国神社に初詣へ。

お正月と沖縄と

お正月と沖縄と

お正月と沖縄と

沖縄の神社ってどんな感じなんだろう?と勝手に思っていましたが、立派な神道の神社でした。台風対策と思われるコンクリートでの頑丈な作りが印象的でした。

お正月と沖縄と

どこでもやっぱりおみくじは人気ですね!

お正月と沖縄と

お正月と沖縄と

古民家を改装して営業している沖縄そば屋さんのすーまぬめぇさんへ。

お正月と沖縄と

室内は、ほんと沖縄の旅行情報とかで見かけるような古い民家そのままで、一度は行ってみたいと思っていたので、テンション上がりました。

お正月と沖縄と

案内されたテーブルも、いい感じの風合い。

お正月と沖縄と

比較的ボリュームが多めでしたが、もちろん美味しくいただきました。

お正月と沖縄と

悲しい火災のあった首里城へ。

お正月と沖縄と

園内で入場制限があったようですが、12月上旬に一部緩和され、現場の一部付近まで行けるようになったとのこと。

お正月と沖縄と

火災の後が見えたのですが、やっぱ悲しい気持ちになりますね。このような遺産って、通常きれいな形で管理・保全されていることがほとんどなので、なおのこと。

お正月と沖縄と

お正月と沖縄と

この位置からほんとは正殿が見えるはずなのですが、その姿はなく基礎と思われるものだけでした。どのくらい時間がかかるかわからないけど、はやく再建されることを願います。

お正月と沖縄と

建替え中の第一牧志公設市場がどのようになっているのか気になり、ちょっと寄りました。

お正月と沖縄と

以前寄った際にその雰囲気が好きになり、老朽化なので仕方ないのですが、建て替えによって変わっちゃうのかな?と思うとちょっと残念…。ですが、新しい魅力も生まれるのかも。

お正月と沖縄と

お正月と沖縄と

以前より気になっていたD&DEPARTMENT OKINAWAへにも。世田谷のD&DEPARTMENTやヒカリエのショップなどは行ったことがあったのですが、他道府県の店舗は初めてだったので、期待を不安がいりまじっていましたが、期待を裏切らない内容でした!
最近カンブリア宮殿でナガオカ ケンメイさんが出ている回を見つけたので見たのですが、商品の選択はナガオカさんも行っているのですね!2階にカフェがあったのですが、それもD&DEPARTMENTの店舗を運営する上での1つのルールとのこと。

お正月と沖縄と

洞窟の中にあるカフェ、ケイブカフェへも。

お正月と沖縄と

洞窟の中のカフェで、非日常感を強く感じられて、すごく素敵な場所でした。

お正月と沖縄と

1月でも沖縄は暖かく常に20度前後でコートいらずでした。すっかり投稿の頻度が落ちてしまいました…。去年もいろんなところへ行き、写真もいっぱい撮っているんですが、多く撮りすぎて写真の選択が億劫になっていたり…。ただ以前撮りそこねて悔しい思いしたこともあり、その反動なのですが…。
とりあえず無理のない範囲で、コツコツ続けます。遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします!

バリ旅行 / 2018

2018/12/31

バリ旅行 / 2018

ちょっと前ですが、2018年11月にバリに行ってきました。

バリ旅行 / 2018

毎年6〜7月ごろに夏休みを取っているのですが、今年は仕事が立て込んでおり、ちょっと遅めに。っというか、夏休みが取れるのか不安になるほどでしたが、取れてよかった!

バリ旅行 / 2018

バリ旅行 / 2018

とにかく暖かいビーチ沿いでゆっくりしたかったので、時期的にベストだったバリへ。

バリ旅行 / 2018

バリ旅行 / 2018

バリは期待通りの暖かさで終始28度ほど。湿度もなく、天候にも恵まれちょっと遅い夏を満喫できました。

バリ旅行 / 2018

バリ旅行 / 2018

バリ旅行 / 2018

いつもは見たい・訪れたい場所があり、旅行先を決めるのですが、今回はとにかくゆったり・まったりするための旅行。ですから、ホテルのプール沿いで、ビールを飲みながらスマホを見て、熱くなったらプールの入るような過ごし方をしていました。

バリ旅行 / 2018

バリ旅行 / 2018

なにもしない、がとにかく心地よかった!

バリ旅行 / 2018

夕方の涼しい時間になったら、晩ご飯を兼ねて周辺に散歩へ。

バリ旅行 / 2018

バリ旅行 / 2018

バリ旅行 / 2018

夕日の優しい光もよかったけど、夕方のその時間帯の雰囲気もまたよかった。

バリ旅行 / 2018

バリ旅行 / 2018

暗くなるに連れて、繁華街の表情も少しづつ変化を。

バリ旅行 / 2018

スミニャック地区に滞在していたのですが、繁華街は夜になっても人通りは多くとてもパワフルな印象。ただぼくらの滞在していたホテルは海岸沿いだったので、ゆったりと過ごすことができました。

バリ旅行 / 2018

去年ベトナム・ダナンに行き、ちょっとづつ慣れてきたかも、な東南アジア。バイクの数はやはり多く、バリはタクシーからのアピールがすごく、歩いているだけでピーピーとクラクションを鳴らされて、乗車を促してきていました。最初は歩道を歩いているのにクラクションを慣らされるので、戸惑いましたが、慣れるともうクラクションが気にならないほど。それにしてもタクシーのアピールはちょっと嫌になりますね…。バリでは欧米系の観光客の多さの印象が強く、人気なのかな!?っと思うほど。日本人などのアジア系はあまり見かけず…。南の島でゆっくり・のんびり過ごしたいな、と思っていた今回の夏休み。思ったようにゆったり過ごせて、とても満足な旅行でした!

 


この記事の内容は、お役に立ちましたか!? このブログでは応援を受付けています。詳しくはこちら

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

バリ、スミニャックエリアに滞在中に訪れたラプランチャ ビーチバー&レストラン

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

夕焼けがきれいに見れるエリアっということは知っていたのですが、海岸沿いでゆったりと過ごせ座席数も多く、予約も不要とのことなので、訪れてみました。

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

事前に旅行ガイドやネットでその会場の写真は見ていましたが、クッションソファー・パラソルともにとてもカラフルに。

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

全体的にクッション席で、ソファーにくつろぎながら夕日をゆっくり眺められる作りになっており、またカラフルで開放的な雰囲気。

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ビーチリゾート感満載で、いろいろテンションの上がるこのお店。人気も高く、人種を問わず多くのお客さんが。カップルや女性客も多く、インスタへの投稿を狙って訪れている人も多いのかも。

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

食事もしっかりしたクオリティーで、期待に応えてくれていました。

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

担当スタッフも付くため、ホスピタリティーも満足行くレベル。

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

陽が暮れるにつれて、どんどんと魅力的でゆったりと時間を感じられる空気感に。

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

お店の賑わいはもちろん、海岸沿いで夕日を楽しむ人たちも増えていっていました。

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

日が暮れるタイミングは、やっぱちょっとぐっときますね…。毎日必ず陽は、暮れているはずなんですけどね…。

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

陽が暮れて夜が始まるまでの、その少しのひとときもまたよかった。

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ライトアップされた後のラプランチャは、また違う魅力を感じさせる表情に。カラフルなパラソル・ソファーがまたよい演出を引き立たせます。

ラプランチャ ビーチバー&レストラン | バリ旅行2018 / La Plancha Beach Bar & Restaurant, bali, seminyak, 2018

ウェイウェイ系の人たちが多く、あまりに賑やかだったらすぐにお店を出ようかな?と思いながら入りましたが、席同士の距離感もちょうどよく、スタッフさんの対応も手伝って、心地よく楽しい時間を過ごせました。スミニャック周辺で夕食をお考えの際には、おすすめの場所。ゆったり・まったりな気持ちのいい時間を過ごせました。

(ラプランチャ ビーチバー&レストラン:Instagram laplanchabali

 


この記事の内容は、お役に立ちましたか!? このブログでは応援を受付けています。詳しくはこちら

足尾銅山

2018/12/06

足尾銅山 観光 2018

足尾銅山に行ってきました。

足尾銅山 観光 2018

足尾鉱毒事件で認知されている方も多いこの銅山。以前より興味があり、日光周辺に向かう予定があり、立ち寄りました。

足尾銅山 観光 2018

坑内は実際の銅山を利用しているとのこと。400年間の歴史を人形と解説音声・坑夫のセリフなどを交え、各時代の様子を伝えていました。

足尾銅山 観光 2018

足尾銅山 観光 2018

採掘された鉱石のサンプル。採掘された段階でこのように光を反射させるぐらい、鉱物の密度が高かったのかも、ですね。

足尾銅山 観光 2018

坑道を抜けると近隣の美しい緑に囲まれた山肌。

足尾銅山 観光 2018

近くには利用されていたものであろう、なかなか太い音を奏でる掘削機の体験コーナーも。

足尾銅山 観光 2018

通洞坑。鉱山で盛んに活動が行われた際には坑夫や重機などは、ここからすべて出入りしていたとのこと。観光開始のタイミングで乗ったトロッコも、ここを通り観光を始めます。

足尾銅山 観光 2018

小銭として使われていた寛永通宝は裏面に鋳造地を示す文字が刻印されていますが、「足」の時の場合「足尾」を示しているとのこと。
以前より日本最大級?の鉱山だったっという認識があり、気にはなっていたので今回の機会で足を運べることができ、ちょっと満足。田中正造さんの印象がとにかく強かったのですが、銅山・鉱山についても知れ、また坑道内にも入れて、楽しい経験でした。今は電気・明かりがあるので、いろんな仕組みを活用し人への負荷は少ないかもですが、電気屋や水蒸気が発明される前などは、かなりかなり過酷な環境だったのだろうな、っとも思っていました。

 


この記事の内容は、お役に立ちましたか!? このブログでは応援を受付けています。詳しくはこちら

22