新国立競技場 2018

新国立競技場、かなり形になってきていますね。3年前では、NTTドコモ代々木ビルが見えたりと、更地だったこともあり、空の大きく開いた景観でしたが、だんだん競技場ができあがってきたこともり、すっかり見えなくなってしまいましたね…。

新国立競技場 2018

国立競技場のデザイン、以前は一旦ザハさん案で決まりましたが、今は隈研吾さん案に。振り返ってみると、大臣が辞任していましたね…。とりあえずでき上がりが楽しみです!

国会見学 2018

2018/09/11

国会見学 2018

先日、国会見学へ行ってきました。

国会見学 2018

はとバスツアーを利用する機会があったのですが、東京観光で半日で巡れる「靖国神社と国会議事堂」のコースにて。

国会見学 2018

見学当日はもちろん閉会中で、衆議院を見学。

国会見学 2018

同じツアー参加者といっしょに見学を。撮影は限られた場所のみでしたが、普段容易に足を踏み入られない場所だっため、見応え満載でした。

国会見学 2018

国会見学 2018

国会の中央部分だったと思うのですが、そこには池が。

国会見学 2018

芝生が敷き詰められた公園のようなスペースや、ベンチのあるスペースはあるかと思っていましたが、池があるとは思わなかったので、ちょっと驚きました。立法府だからかな?立派な錦鯉がゆったり泳いでました。

国会見学 2018

館内で撮影が許されている場所は限られており、その1つである本会議場。

国会見学 2018

見学席から見ると普段ニュースから受ける印象よりやや小振りに見えますが、議席だけで465人分あるので、やはりそれなりの広さがありますね。

国会見学 2018

新聞記者席が最前列だったり貴賓席があったりと、実際に現地に足を運んで知れたことも。

国会見学 2018

国会建築にあたって材料はほぼ国産でまかなったそうなんですが、2箇所だけ海外さんのものがあり、その1つが天井のステンドグラスとのこと。

国会見学 2018

国会見学 2018

中央広間などを見学後、正面方向へ。

国会見学 2018

国会見学 2018

周辺には当然高層ビルが立ち並んでいますが、国会内部の歴史を感じる内装とのギャップがまた面白いですね。

国会見学 2018

国会見学 2018

国会見学 2018

最後には国会の正面へ向かい、そこで見学は終了。

国会見学 2018

ニュースで頻繁に目にする国会ですが、見学できるとは思ってなかったので、今回のツアーで見学ができかなりテンションあがりました。ただサイトを見てみると、平日は常に参議院を見学できるのですね…。迎賓館のときもそうでしたが、やっぱ国で建築されたものは民間では感じられない、作り・構造・歴史を感じられて独特な魅力がありますね!

teamLab Borderless Tokyo / チームラボ・ボーダレス東京

お台場にオープンしたチームラボボーダレスお台場に、行ってきました。

teamLab Borderless Tokyo / チームラボ・ボーダレス東京

ネットでオープンすることを知ったのですが、この動画の世界を体感できるのか!?っと思うと、迷う必要がありませんでした。7月上旬のオープン記念チケットで入場したのですが、チケットは完売で、当日も多く人で賑わっており、その人気の高さを感じました。

teamLab Borderless Tokyo / チームラボ・ボーダレス東京

館内は薄暗い通路でつながっているのですが、各所の見どころでは、予想通りの鮮やかな色彩を感じられる展示でした!

teamLab Borderless Tokyo / チームラボ・ボーダレス東京

館内では誘導する案内を極力省き、自由に歩き回って偶然見つけてもらうようにしているとのこと。ですから、ふっと入った空間や通路の先でさまざまな展示に偶然出会える仕掛け。「あ、あれをまた見たい!」っとなったときに、なかなかたどり着けないもどかしさもあったり…。

teamLab Borderless Tokyo / チームラボ・ボーダレス東京

2階層のフロアに別れており、体験型の展示も。

teamLab Borderless Tokyo / チームラボ・ボーダレス東京

グラフィティネイチャー 山山と深い谷」では、自分の描いた昆虫や小動物が、スキャンされたあとにエリア内に投影され、自由に動き回る仕掛けも。蝶々やトカゲ・ワニ・鳥など様々なモチーフを塗り絵ベースで描け、自分の分身をフィールドに放てます。

teamLab Borderless Tokyo / チームラボ・ボーダレス東京

ぼくもカエルを描きましたが、カエルはその世界の中ではワニに食べられてしまうっという、食物連鎖の概念も。

teamLab Borderless Tokyo / チームラボ・ボーダレス東京

teamLab Borderless Tokyo / チームラボ・ボーダレス東京

地形の記憶 / Memory of Topography」は、BGMとそれに合わせて常に変化する返事内容も美しかった。

teamLab Borderless Tokyo / チームラボ・ボーダレス東京

期間限定の展示物かと勝手に思っていましたが、これから常設のもなのですね!半日かけて鑑賞してきましたが、オープン間もないタイミングで行ったのもあってか、特定の展示には行列ができているほどでした。また館内では誘導などの案内が省かれているため、今思い返すと見逃した作品もひらほらでしたが、館内全体的にそのクオリティー・世界観はやはり素晴らしく、ぜひもう一度体感して行きたいと考えています!

AirPods

2018/06/05

AirPods

AirPodsを購入しました。はじめてのワイヤレスイヤフォンですが、便利ですね!ケーブルがないだけですが、快適さが全然違います。Apple製品なので、やはりデザインも素晴らしく。なくさないように気をつけないと!

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

先日よくお仕事をごいっしょさせていただいていたカメラマンさんの写真展へ、山梨県北杜市へ。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

展示会場は、金精軒さんの2階ギャラリースペースにて。金精軒さんは、有名な信玄餅の製造・販売元だったのですね!全然知らずに訪問し、販売していた信玄餅を美味しくいただきながら、案内やお話を伺っていくうちに、知りました…。信玄餅の製造元がこのような渋く趣のある建物の老舗とは知らずに、ちょっと恥ずかしく…。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

金精軒さんのある白州町台ヶ原は、甲州街道の宿場町として栄えていたようで、周辺は街道の雰囲気を感じられる町並み。現在はほのぼのゆったり雰囲気でしたが、金精軒さん以外にも古い建物が残っており、その一片を見れているのかも。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

「視線」の展示のタイミングで、作品を拝見しました。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

展示名の通り、動物たちの強い視線を感じる作品ばかり。写真も美しく「どのタイミングでシャッターを切れば、野生の動物のカメラ目線を撮影できるだろう…。」と考えてしまう作品ばかり。カメラマンさんなので、それなりの知識・スキルがあるかと思いますが…。(展示作品のこのブログへの掲載は控えています)

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

写真展の後に、近所のおそば屋さん「くぼ田」さんにて昼食を。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

店内も落ち着いてた古くからの建物の良さを残している内装で、十割そばはやはり味が強く、天ぷらもまた美味でした。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

清里周辺に宿泊し、翌日周辺を観光。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

以前清里を訪れた際に伺った中村農場が近いことを知り、再度ここの親子丼を。ぷりぷり玉子の親子丼、やっぱ美味しかったです!

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

萌木の村にある森のメリーゴーランドがやっぱり好きで、再訪

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

小振なメリーゴーランドではありますが、やっぱ木々に囲まれたロケーションでのメリーゴーランド。魅力が増しているように、ぼくには感じられます。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

南アルプスの清流の1つもある尾白川渓谷へ。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

その渓谷までは駒ヶ岳神社境内を通るのですが、山間にあるのも手伝って木々と苔で独特な雰囲気。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

木漏れ日も美しく、背筋が伸びる清々しい気持ちに。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

吊橋を渡った後に、徒歩15分ほどの千ヶ淵へ。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

川を流れる水はやはり透明度が高く、清流にふさわしく。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

千ヶ淵の大きく広がっている滝壺の水面もやはり美しく、水の流れる音と日差しがとても気持ちよかった。この透明度は、ミネラルウォーターで販売したくなりますよね。

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

写真展と金精軒と尾白川と / Photoexhibition_Kinseiken_Ojirogawa river_2018

山間へのドライブでの久しぶりの旅行。天気にも恵まれ、気持ちよく楽しめることができました。カメラマンさんの作品をはじめ、初めて訪れた場所・以前訪れた場所に再訪でき、改めていろんな刺激を受けることができました。ドライブ旅行、いろいろ寄り道ができ、計画外の行動・出会いがあるので、魅力的ですね!

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

先日の沖縄旅行の際に、美ら海水族館に行ってきました。

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

以前より興味をいただいていた、美ら海水族館。ようやく訪れることができました。那覇より車で行ったのですが、移動距離の長さにちょっとびっくり…。高速道路を使っても、2時間ぐらいかかるところにあるんですね。

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

春休みも重なってか、館内には多くの人が。日・中・韓の多くの観光客で、賑わっていました。

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

沖縄にある水族館なこともあり、地域特性を活かしたマングローブ環境での展示も。

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

水族館はやはり綺麗ですね。写真映えする展示がいくつもあり、ついついパシャパシャ。

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

ふぐも、この可愛らしさ。

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

美ら海水族館のメインでもある、巨大水槽へ。

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

巨大水槽は高さがあるため、蛇行するように通路があるのですが、その各所で巨大水槽を撮影しようと、多くの人だかり。

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

水槽を目の当たりにした際は、やはりその大きさに驚きました。ジンベエザメが3匹遊泳できる大きさなので、それなりの大きさはありますよね。公式サイトによると「容量7,500m3(深さ10m・幅35m・奥行き27m)」とのこと。でかいっすねー!

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

大きさも手伝い、ついついゆったり見入ってしまいます。

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

巨大水槽とジンベイザメ、ほんと綺麗だった。美ら海水族館ではジンベエザメの飼育しながら、繁殖生態の解明を行っているみたいです。「なんでジンベエザメ?」と思いましたが、情報の少ない生態の調査・研究も兼ねているんですね。

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

巨大水槽はこの厚さのアクリル板を用いているとのこと。あの大きさの水圧に耐えるには、603mmもの厚さが必要なのですね。

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

通路の通っている水槽では、真下からのアングルも。

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

常に大きな魚と共に過ごしているコバンザメって、天敵いるんですかね?

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

一時話題になった、ダイオウイカの展示も

美ら海水族館 / 2018 / Okinawa trip to Okinawa Churaumi Aquarium

やっと念願叶って訪れられた美ら海水族館。ちょっと混雑していましたが、巨大水槽はやはり素晴らしかった!現地に行くまでが、ちょっと大変かもですが、これだけ注目されるものはあるかも、ですね。巨大水槽、ぜひ体験してみてください!

こいのぼりなう / 国立新美術館 / THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

国立新美術館で開催されている、こいのぼりなう!に行ってきました。

こいのぼりなう / 国立新美術館 / THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

子供の日を意識し開催されたと思われるこの展示。たくさんの鯉のぼりが会場内で泳いでいました。

こいのぼりなう / 国立新美術館 / THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

だけど一般的な鯉のぼりではなく、ちょっと大人なデザインの鯉のぼりたち。

こいのぼりなう / 国立新美術館 / THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

展示順序に合わせて、色彩もグラデーション調に変化し、またさまざまな柄もあり、それぞれに個性を感じられる内容に。

こいのぼりなう / 国立新美術館 / THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

展示周辺にはスピーカーが設置され、幻想的で水辺を感じられる音響を聞きながら、無印の人をダメにするソファーに寝転びながら、ゆったり鑑賞も。展示会場の広さもまたよかった!

沖縄旅行 / 2018

2018/04/26

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

先日沖縄に行ってきました。3月中旬に行ってきたのですが、出発日の都内は雪が降るという、3月としては珍しい天候。沖縄の気温も都内とほぼ同じほどで、偶然ちょっと寒くなったタイミングでしたが、いろいろ散策してきました。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

国際通りから1本入ったところにある平和通り。国際通りとは雰囲気が異なり、観光客向けではない、地元の方々が普段利用しているような店舗の並ぶ商店街。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

ちょっと懐かしさを感じるお店が残っており、のんびりした雰囲気で、ゆったり楽しめました。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

通りの奥には昼間から営業している、立ち飲みの大衆居酒屋のようなところも。すごく美味しそうで、お酒を軽く楽しみたかったですが、車で移動していたこともあり、今回は断念…。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

第一牧志公設市場っという市場にも、ちょっと立ち寄り。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

新鮮で美味しそうなものを販売しているお店がいっぱいあり、いろいろ目移り。場内の活気も、またよし!

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

2階にはフードコーナーも。ここにもいろんな美味しそうなお店が、いっぱい入っていました。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

翌日 BLUE SEAL ICE CREAM の本店へ。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

「BLUE SEAL ICE CREAM」のロゴの「m」の文字だけ、小文字なんですかね?

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

都内などではアイスクリームのみの販売ですが、ここではハンバーガーやホットドッグなどのファーストフードの提供も。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

店舗自体も大きかったですが、内装や雰囲気は映画でみるような、アメリカのレストランを感じさせる作りでした。背もたれの高い、赤いボックスシートとかよかった。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

世界文化遺産に登録されている、斎場御嶽(せーふぁうたき)へにも。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

斎場御嶽(せーふぁうたき)は、琉球王国時代に国家的な祭事を行う際に使われていた場所で、聖地とされていたとのこと。また以前は男子禁制の場所でもあったとのこと。琉球の始祖が女性だったのが由来しているようです。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

2つの岩から滴る水滴は、今でも聖水として利用されているとのことで、「聖水」を採取しているということからも、この場所の示す役割が感じられます。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

三角形の岩(三庫理(さんぐーい))を抜けると、崇拝所が。神の島とされていた久高島を望めます。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

観光名所の1つでもある、識名園(しきなえん)へも。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

琉球王家の別邸として使われていたそうで、園内は優雅さを感じられる広さ。日本庭園にも似ていましたがやはり少し異なり、石垣を多様している面など沖縄文化を感じられました。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

御殿は、琉球家屋を感じさせる佇まい。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

現在のものは復元されたもののようですが、室内も美しかった。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

こういった古くからの建物を見ると、その室内の広さに魅力を感じます。たんすやテーブルなどと言った生活用品がないからかもしれませんが。

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

沖縄旅行 / March Okinawa Trip / 2018

昨年8月の旅行時よりも滞在時間が長かったため、各所を散策できました。美ら海水族館にも行ってきましたが、また後日。沖縄、もっといろいろ知ってみたいです。

桜 / 2018

2018/04/05

桜 / Cherry Blossoms in Tokyo / 2018

すっかり春になり、今年も桜が綺麗に咲いていましたね。満開の桜を見に行く機会を見逃してしましたが、やはり春の到来を感じさせてくれる桜を鑑賞したく、恵比寿周辺をちょっと散策。

桜 / Cherry Blossoms in Tokyo / 2018

明治通り沿いには、多くの桜が植えられていますが、すでにちょっと葉桜でした。満開の時期を終え、ちょっと落ち着きを取り戻したような印象にも。

桜 / Cherry Blossoms in Tokyo / 2018

満開の桜は圧倒的な美しさで、その魅力はやはりいいものですが、時期を過ぎたやや葉桜に至った状態の良さも、最近ちょっとわかり始めたかも、っと感じています。

桜 / Cherry Blossoms in Tokyo / 2018

1週間程度で満開の時期を終えてしまう桜。ただ満開が終わった後も、まだまだ花は咲き続けているんですよね。いつもとはちょっと違う桜の魅力を感じた今年でした。

バサラ_プロレス観戦 / 2018

先日友人に連れられ、プロレスを観戦してきました。

バサラ_プロレス観戦 / 2018

幼少期のころに全日本・新日本プロレスをテレビなどで見てはいましたが、会場での観戦は初めて!
小ぶりな会場でリングサイド席のみだったので、臨場感も抜群でした。

バサラ_プロレス観戦 / 2018

バサラ_プロレス観戦 / 2018

悪役レスラー同士の、凶器の利用OKの試合も。

バサラ_プロレス観戦 / 2018

流血になることはなかったですが、パイプ椅子などの利用もあり、見ているだけでほんと痛そうでした…。

バサラ_プロレス観戦 / 2018

各種で大技も繰り出され、見どころ・エンターテイメント性も豊富でした。

バサラ_プロレス観戦 / 2018

バサラ_プロレス観戦 / 2018

場外乱闘もあり、偶然にも間近に。

バサラ_プロレス観戦 / 2018

リングはある程度の高さがあるため、勢いも合わせるとなかなかの衝撃かも…。

バサラ_プロレス観戦 / 2018

この距離感での場外乱闘は、迫力満点でした。

バサラ_プロレス観戦 / 2018

バサラ_プロレス観戦 / 2018

幼少期にはロード・ウォリアーズ / 天龍 / ジャンボ鶴田 / クラッシュギャルズなどが全盛期のころに、よくプロレスを見ていましたが、最近はめっきり減っていたので選手名などは全然分からず…。ただ、リングサイドでの観戦と間近で繰り広げられる大技にはテンションあがりました!先日の相撲観戦もそうですが、ライブ観戦、やっぱいいですね!

22